ココカラPark byやずや

おとなもあそぶ、つながる、ココカラPark。 「ココロ」も「カラダ」も健やかに楽しい人生のお手伝いを目指す(株)やずやが運営しています。 日常の幸せをわかちあったり、教えあったりできる場。 いくつになっても自分らしい毎日を過ごせるきっかけになれば幸いです。

ココカラPark byやずや

おとなもあそぶ、つながる、ココカラPark。 「ココロ」も「カラダ」も健やかに楽しい人生のお手伝いを目指す(株)やずやが運営しています。 日常の幸せをわかちあったり、教えあったりできる場。 いくつになっても自分らしい毎日を過ごせるきっかけになれば幸いです。

リンク

マガジン

  • 本田葉子の今がいちばん!1955GO!

    いくつになってもチャレンジを忘ない。日常の中にも楽しみがいっぱい!な本田葉子先生。 先生の日常をみていると、勇気と元気が湧いてくるから不思議です♫ このマガジンに立ち寄った皆さん、ぜひほっこりあったかい気持ちを受け取ってくださいね!!

  • ココカライベント案内

    ココカラPark・ココカラ大学で開催のイベント関連についての記事をまとめてご覧いただけます。

  • やずや社内の中から

    やずやの社内で起きたエピソードを4コマ漫画や写真でお伝えしていきます。 クスッと笑ってくださいませ♫

  • ココカラ夫婦物語(連載)

    約9000人の悩みに寄り添ってきた夫婦問題カウンセラーの高草木陽光先生がなんらかの夫婦問題を抱えている人たちだけでなく、「現時点では大した問題ではない」と思っている人たちにも、ぜひ10年20年先まで、穏やかで心地いい夫婦生活を送っていただくための「ヒント」をお伝えしていきます!

  • にほん酒はじめ(連載)

    「酒好き医師が教える最高の飲み方」の著者である葉石かおり先生が、さらにお酒が楽しめるエトセトラをお伝えしていきます! こちらは2019年6月より公開の全22回の連載を移設公開しております。

本田葉子の今がいちばん!1955GO!

いくつになってもチャレンジを忘ない。日常の中にも楽しみがいっぱい!な本田葉子先生。 先生の日常をみていると、勇気と元気が湧いてくるから不思議です♫ このマガジンに立ち寄った皆さん、ぜひほっこりあったかい気持ちを受け取ってくださいね!!

すべて見る

友人の家を訪問する

もう一回りの生活の縮小を考えている私は、実際に実行されている方を訪ねることにした! なんてね・・・ずっと前から「遊びに行くよ〜♪」「きっと来てね〜」と言い合っていた友だちとの約束を実現させたということなんだけど。 都内某所に住む友人は、10才ほど年上で話しやすいということもあり何でも相談させてもらってきた仲である。 長年やっていたカフェを昨年たたんだ後はベッタリ(ご本人談・笑)ご主人と二人の生活になったということ。 今回、「生活縮小させるために、公営の集合住宅に住居を変える

スキ
4

久しぶりの一泊旅行

10月半ば「一泊で箱根行かない?」と友だちが誘ってくれた。 紅葉はまだ楽しめないかもしれないけれど、ゆっくり温泉に入っておしゃべり三昧しようよ!と。スーのこともあった日々だったので気を抜いての「The・旅行!」楽しみだった。 10月半ばといえども朝夕は冷え込むようになっていたし、ましてや山よ。寒さ対策も必要な時候だ。動きやすさと保温を考えて、着る物はレギンスとハーフパンツの組み合わせにした。上はTシャツと長袖シャツ、そしてパーカーに決めた。 そうそう!この感じ〜♪と思い出す

スキ
12

これからのおもてなし♪

友人が小田原までたまに遊びに来てくれる。 以前住んでいた家のご近所さんだったり、子どもの学校を通して友だちになった方々が、小田原までお越しくださる。 最初のうちは張り切ってご飯やお茶の準備をしたけれど、最近ではいつものもので!!を心がけて用意するようにしている。 ブログやインスタに朝食やちょい飲みのツマミの写真を載せているものだから、それを見ている友人は、「おいしそう・・・いつか食べたい」などと言ってくれるものだから、私も安心して《いつものおかず》でもてなすようにしている。

スキ
17

秋の一日

天高く・・・とはこんな空のことだよね~と見上げる秋の空。 スーの散歩もなくなって、たっぷりの自由時間は持て余すわ~。 義母さんの介護をしてた頃(一昨年あたりね)は蟻時間、象時間・・・ と細切れ時間をみつくろっては、チョコチョコ出かけたりもしていたのだった。あの頃の方が活動的ってどういうこと?と思う。いろんなことをしていたな~。帰り時間をいつも気にしながらでもあったから、なおさらフリータイム♪を満喫できたのだろうと思う。 「満喫する努力」を無意識にしてたのかもしれない。今はもう

スキ
20

ココカライベント案内

ココカラPark・ココカラ大学で開催のイベント関連についての記事をまとめてご覧いただけます。

すべて見る

【参加者募集】100歳まで愛おしい体をつくる筋トレ教室(全3回)|髙田道場×ココカラPark共同主催!

ココカラParkでおなじみの髙田道場とのコラボセミナー「毎日を生き抜くための筋トレ教室」「大人のための鍛え直し教室」と大盛況の中、回を重ねてまいりましたが、今年もやります! 「100歳まで愛おしい体をつくる筋トレ教室」 やはり、体が基本!体が不調だと心も弱ってしまいます。 背筋がピーン!シャキシャキ歩けるだけで、心身ともに若返るものです。 ちょっとずつの積み重ねが、明日の元気につながります。 今年の一歩が、自信あふれるあなたに出会える一歩になりますように! 鍛えれば鍛えるほど

スキ
4

【2月開催】足にも更年期?!全身の健康維持の要となる「足」のこと“もっと知る&自分でケアする”方法を学びませんか?

足にも「更年期」があるのをご存知でしたか? 足の老化は20歳頃より始まっていると言われており、そのまま何もしないで放置は危険に。 年齢からくる足の様々な変化に抗う、足の簡単セルフケアメソッドをご紹介する講座を開催いたします。 足元を整えることは、カラダを整える基盤ケアであると同時にメンタルケアにもつながります。 また足は体の中の様々な器官と密接な関係があり、反射区と呼ばれる足裏のゾーンセラピーは有名ですが、実は足元のケアは全身の健康維持にもつなが

スキ
15

【開催レポート】新しい年を迎える前に、住まいも心もスッキリ!!年末断捨離教室開催

今年最後のココカラParkセミナーは、新しい年を迎える前に、住まいも心もスッキリ!!年末断捨離教室を開催いたしました。 師走の大掃除の時期!たくさんのお申込みをいただきました。 断捨離したくてもできなかった方も、今回のセミナーで背中を押されたようです。セミナー中の10分間で一点突破できた方も^^! ぜひ、ご参加のみなさまのご感想、見逃し配信をご覧いただき、スッキリと新しい新年を迎えましょう!! 見逃し配信はこちらから↓2023年1月31日まで公開予定 当日ご参加者のお声一

スキ
7

【開催レポート】40代からの自分の価値観を見つめ直し、自分らしく幸せに生きるための実践セミナー

今回は、40代からの自分の価値観を見つめ直し、自分らしく幸せに生きるための実践セミナーを行いました! 自分の価値観を考える、本来であれば2日間にわたって行われる実践ワークを1時間の中のほんの短い時間で自己変革コーチ・心理カウンセラーの秋山先生にガイドいただきました。 ちょっと時間が足りなかった方もいらっしゃいましたが、「自分らしさ」「自分の価値観」に気づくきっかけになったとのお声も寄せられました。 ご参加のみなさまのご感想もお読みいただき、見逃し配信をご覧ください。 見逃し

スキ
6

やずや社内の中から

やずやの社内で起きたエピソードを4コマ漫画や写真でお伝えしていきます。 クスッと笑ってくださいませ♫

すべて見る

10年、20年一緒の時を過ごした仲間たち

やずやでは、20年、10年と長く働いている社員が43人もいます。 転職も当たり前になってきた世間からしたら、珍しい会社になってきたかもしれません。 しかし、20年を迎えた社員たちは「本当にあっという間だった。気づけば20年」という感覚だそうです。 20年といえば、生まれた子どもが一人前の大人となる年月であり、小・中・高の学生時代を足した年数よりも長い時間です。 やずやは社会大学です右も左もわからなかった社会人一年目。 やずやでは、新卒入社から長く働く社員が多いのも特徴です

スキ
9

手紙を書くということ。社長、上司へ伝えたい想い。

総務からこのメールが届くと年の瀬を感じるやずや社員。 💌【確認ください】社長・上司への手紙について 毎年の恒例行事となっているやずや社内では、社長へ一通。上司へ一通。 お手紙を出すことになっています。 いつからあるのか、もうすでに当たり前になってしまったこの文化ですが、10年、20年と長く働いている社員が多いやずやでは、「手紙を書いて渡す側(一般社員)」から「手紙を受け取る側(上司)」になった社員も多くいます。 さまざまな年代の社員に、この「手紙」の文化について聞いてみました

スキ
3

長年の経験と知恵、そしてさらなる研究の上で作られた最高の雑穀。生産者のこだわりを私たちがきちんと伝えることが使命です!

「白米と雑穀米どちらがよろしいですか?」 外食に行くと、選べるお店も増えてきました。 白いお米よりも、黒・赤・茶・黄色と混ざった一膳の雑穀米が体にいいからと選ぶ方も多いと思います。 やずやと雑穀との出会い遡ること26年前にやずやで初めて発売したのは「お達者勇吉」という8種類の穀物をブレンドしたものでした。その当時は、雑穀というと「鳥の餌」という感覚で、見向きもされず、ごはんといえば「銀シャリ」が一番!という時代。雑穀なんて、ボソボソパサパサしておいしくないというイメージが一

スキ
5

社内の中の癒やしの場〜やずや保育園〜

あるひ〜 もりのなか〜 くまさんに〜であった〜♫ 隣の休憩スペースにいると子どもたちの賑やかな声が聞こえてきます。 社員の7割が女性であるやずやでは、結婚・出産しても働きやすい環境を作りたいと2009年に企業内保育所「やずや保育園」を開園しました。 設立当初は2人だった子どもたちも、今では20名近くに増え多くの女性社員が利用しています。設立当初から、ママ社員の朝の忙しさを少しでも軽減できるよう「おむつ・離乳食・着替えのお洋服」の準備不要で身軽に子どもを連れて来られるスタイル

スキ
18

ココカラ夫婦物語(連載)

約9000人の悩みに寄り添ってきた夫婦問題カウンセラーの高草木陽光先生がなんらかの夫婦問題を抱えている人たちだけでなく、「現時点では大した問題ではない」と思っている人たちにも、ぜひ10年20年先まで、穏やかで心地いい夫婦生活を送っていただくための「ヒント」をお伝えしていきます!

すべて見る

妻が愛おしい! 夫が妻を惚れ直す瞬間Best5

ココカラ夫婦物語 講義21 講師:高草木 陽光 妻が愛おしい! 夫が妻を惚れ直す瞬間Best5 「最近、夫に褒められたことがない」 「夫は、私のこと愛しているのかしら?」 突然そんな不安が湧き起こることはありませんか? 実は、口に出して言うのは恥ずかしいけれど、妻のことを心から「愛おしい」と思っている夫は少なくないのです。 普段、口には出して言わないけれど、夫が妻を見て「ドキッ」とする瞬間があるらしい!? 夫が改めて妻に“惚れ直す瞬間”とは、どんなときなのか? そ

スキ
11

「空の巣症候群」にならないために今からできること

ココカラ夫婦物語 講義20 講師:高草木 陽光 「空の巣症候群」にならないために今からできること 「空の巣(からのす)症候群」という言葉、聞いたことがありますか? 空の巣症候群とは、自分の子どもが自立していくことで、喪失感や空虚感に襲われ、精神的に不安定になったり身体に不調をきたしたりすることです。 “子どもが生きがい”になっている人は要注意「髪を振りみだしながら育児に専念していた頃が懐かしい」。 そんな余裕がでてきた今だからこそ、“子どもの自立”が現実的になってきてい

スキ
10

バツイチアラフィフ女性が再婚したい理由

ココカラ夫婦物語 講義19 講師:高草木 陽光 バツイチアラフィフ女性が再婚したい理由 一昔前までは、“バツイチ”と聞くとネガティブなイメージを抱く人が多かったのですが、現代は そんなことは ほとんどなく「お互い傷つけ合って辛く苦しい結婚生活を送っているのなら、潔く離婚をして夫婦それぞれ違った道を選べばいい」という前向きな価値観を堂々と示す人が増えつつあります。 このようなマインドを持つことは、結婚生活に悩んでいる人や離婚を選択した人が今後の時代を生き抜くためにとても重要

スキ
7

みんなが知らない夫婦の「本音の伝え方」

ココカラ夫婦物語 講義18 講師:高草木 陽光 みんなが知らない夫婦の「本音の伝え方」 あなたは、夫(妻)と「本音」で話せていますか? 相談者の方たちのお話を聴いていると、ほとんどの人たちが夫婦で本音を伝え合えていないことに気付かされます。 「本音」と聞くと、多くの人たちはネガティブなことを言い合うイメージがあるようです。 お互いの短所を言い合ったり、溜め込んでいたストレスを感情のおもむくままに吐き出したり……。 しかし、本音はネガティブなことだけではありません。 「本

スキ
9

にほん酒はじめ(連載)

「酒好き医師が教える最高の飲み方」の著者である葉石かおり先生が、さらにお酒が楽しめるエトセトラをお伝えしていきます! こちらは2019年6月より公開の全22回の連載を移設公開しております。

すべて見る

日本古来のスーパーフード!甘酒

にほん酒はじめ 講義13|講師:葉石かおり 日本古来のスーパーフード!甘酒 飲み会が多く、暴飲暴食が続いた年末年始が過ぎた今、皆さんの体調はいかがでしょうか? 胃がもたれていたり、だるかったり、何だか調子が出ない方が多いのでは? それよりも深刻なのは体重。 ごちそうがテーブルにズラッと並ぶ年末年始は、体型維持に気を付けている方でも太ってしまいますよね。 かくゆう私も…、この時期はごちそうとおいしいお酒の誘惑に勝てたためしがありません(泣)。 お正月が終わって、恐る恐る体重

スキ
11

お正月に飲みたい日本酒

にほん酒はじめ 講義12|講師:葉石かおり お正月に飲みたい日本酒 お正月と言えば日本酒 ←「いや、お正月だけではないだろ」というつっこみはさておき、おめでたい年明けはやっぱり日本酒を飲みたいですよね。それもちょっと特別感があるいい日本酒を。 お正月に飲みたいおすすめ日本酒我が家がお正月にいつも開けるのが「獺祭 元旦届け 磨き二割三分 遠心分離」です。 「獺祭」というと有名ブランドで入手もしやすい銘柄ですが、こちらは年末年始に予約だけで販売される特別な限定酒なんです。 し

スキ
6

電子レンジでもできる「おいしい燗酒」

にほん酒はじめ 講義11|講師:葉石かおり 電子レンジでもできる「おいしい燗酒」 「とっとと去ってちょうだい!」と思っていたあつ~い夏が去り、気づけばすっかり暖が欲しい季節。 愛しい我が家のメダカの産卵の季節も終わり、何だか急に心まで寒くなってしまったかのよう…。ああ、燗酒が恋しい。 「え、そこ?」というツッコミはおいといて、いよいよ燗酒がより一層おいしい季節となりましたね。 まあ、燗酒は一年中おいしいし、前々回の講座でもお話した通り、心が疲れた時にぴったりな飲み方でもあ

スキ
3

日本酒をピザにしゃぶしゃぶに!日本酒でもっとおいしく!

にほん酒はじめ 講義10|講師:葉石かおり 日本酒をピザにしゃぶしゃぶに!日本酒でもっとおいしく! 皆さんは古くなった日本酒をどう活用していますか? 私は料理に入れる調味料として、バンバン使っています。 こう話すと「えっ、日本酒って賞味期限があるんじゃないの? 開栓して、少したった日本酒を使って大丈夫?」と聞かれます。はい、大丈夫です。日本酒に賞味期限はありませんから(直射日光が当たる場所や高温多湿の場所に放置するなど、保存状態が悪く、腐敗臭がしているものは除く)。 古

スキ
14