マガジンのカバー画像

本田葉子の今がいちばん!1955GO!

32
いくつになってもチャレンジを忘ない。日常の中にも楽しみがいっぱい!な本田葉子先生。 先生の日常をみていると、勇気と元気が湧いてくるから不思議です♫ このマガジンに立ち寄った皆さん… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

はじめまして!本田です!☆

ココカラPARKではじめまして!の本田です。 ちょっとだけ自己紹介させていただきます。 1955年4月生まれで、子ども(といってもすでに中年に差し掛かってる大人ですが)はふたり。 そして孫もふたり。小学生と生まれたての赤ちゃんです。 住まいは、三年前から小田原に。 海の近くの古民家に住んでいます。 海の近くに暮らし始めると、海のスポーツ・・・というか海で遊びたくなり友人に誘われてサップを始めました。 近所の家庭菜園の畑も借りて、まったくやったことのなかった「野菜育て」も

スキ
114

今年のゆめmap

毎年「今年のめあて」を新年に考える。それはほぼ毎年いっしょだったり(時間厳守とかね)春には内容などすっかり忘れていたりしたものだ。 今年は、具体的な一年の地図のようなもをつくってみた。 より具体的に見えるように! 箇条書きにするよりよりラフだし、どうすれば達成できるのかも少しわかるような気がした。 健康、仕事、楽しみの3つの項目を立てて、そこから派生する事柄を書き込むのだ。健康では膝痛のためにマイナス4キロを目指しているところなので、それにはどうすればいいか?と考える。

スキ
10

簡単はたき

年末な雰囲気がクリスマスソングと共にやってきた〜。 小田原に引っ越してきてから4回目の年末だ。 引っ越してきた当時の家は、古い家だけど、掃除が行き届き、室内の空気もフレッシュな感じがしたものだった。 しかし年数を重ねるとどうしても埃は積もるわ〜。特に鴨居とか障子の桟、天井にもうっすらと埃がついているのがわかるほど。ハンディーな掃除機で吸い取ってみるけれど、範囲が広過ぎていまいち満足がいかない。 「はたき」というパタパタする掃除道具はただ埃を舞あげるだけ・・・と思いつつも細か

スキ
31

生活のスケッチブック

春まで義母さんの介護中心の生活だったので、一日のスケジュールは時間刻みだった。 ほんの15分ほどはアリ時間、3時間くらいはゾウ時間・・・とか長さによって名前つけて動いていた日々だったよな〜。(その記事はこちら) 春半ばに、本当に眠るように逝った義母97才。レンタルしていたベッドなどを返却したらポッカリと一部屋空いた!そして時間もたっぷりと戻ってきたようだ。 最初のころは、「一日の時間の流れ」がどうもしっくりこなくておろおろっとしてしまうこともあり。 毎日みえていたヘルパー

スキ
43

大手をふって出かけよう

だんだんと以前の生活に戻りつつある今日このごろ。 細かな約束ごとや注意を守れば、大手をふってのお出かけも許されるだろう。 でも・・・うんと遠くに出かける気にはまだならないな。 四季折々に楽しめる小田原城はうちから40分ほどで行ける! ひさしぶりに行ってみることにした。 駅前はお屋敷風になったお店が並んでいる。 道路の折れた矢も、お城を指すよ。 友人がうちに遊びに来る時には、よく案内した小田原城。 孫といっしょに遊べる遊園地もあり度々行っていたけれど、ここ2年ほどはとんと

スキ
36

デニムパンツ

早く涼しくなるといいね〜とか言い合っていた散歩の仲間同士、夏の間は早朝4時〜5時ぐらいのお散歩タイムだったけれど、皆だんだんとおそくなりつつあるようだ。 サラッとした空気が肌に気持ちいい。 時にひんやり〜と感じる日もあり、デニムパンツを久しぶりにはきたくなってくる。 毎年秋のはじめは、夏中見向きもしなかった地厚のものに心惹かれる。 ああ、やっと着られるな〜♬と。 洋服の入れ替えをして、デニムのジャケットやパンツなどを前面に揃えるよ。 女優さんのダイアン・キートンのスタ

スキ
54

海岸でピラティス

近くの海岸でのピラティスの講習会があるよ!と友人から情報をもらう。 そこはうちから歩いていける海岸、愛犬スーとのお散歩コースでもあった。 ピラティスというの、やったことがなかったけれど砂浜で体を動かしたら、さぞや気持ち良かろうぞ!と思い参加してきた〜。 それに海方面へ行くことがぐっと減ってしまった夏だったので、なんとなくモヤモヤ〜っとした気分も残っており、発散しに。 倫也子(みやこ)先生とは初対面。その笑顔のダイナミックさに惚れ惚れしたわ〜♪ いつも口角が綺麗に上がってい

スキ
31

【まもなく終幕】本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK

語り:本田葉子〜まもなく終幕です〜ココカラPARKでのオンラインイラスト展、あと数日で終わり〜。 最終日が近づいてきました。 たくさんの方に見ていただけて本当にうれしいことでした。 この夏もパッとしないな〜とグズグズっと籠っていたけれど、なんのなんの、籠もればこそのお楽しみがありました。 毎朝、メールを開くのがとても楽しみだった。 前期ではイラストの販売と共に好きで作っていた「BIGキーホルダー」とタイダイ染めの「布エコバッグ」の販売もさせていただきました。 これまたたくさ

スキ
19

【インスタライブ報告】本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK(後期)〜ポストカード編〜

本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARKのメインイベント!初のインスタライブが先日、無事に終了しました!! インスタライブ報告平日お昼間の開催にもかかわらず、参加いただいた方、コメントまでくださった方、誠にありがとうございます。 アーカイブでもご視聴をたくさんいただき本当に嬉しいです^^! 「こんなご時世でも、繋がれて工夫次第で楽しめるっていいですね」というお声もいただき、本当にやってよかったなあとしみじみ思います。 まだ見られてない方は↓こちらか

スキ
16

本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK(後期)

お盆が過ぎたら、本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」後期のスタートです!まだまだ今夏、一緒に楽しんでいきましょう^^! 本田葉子〜後期ごあいさつ〜 暑い暑いと言いながらも毎日は過ぎていきます。 午後3時過ぎると、もうひとがんばりよ!と自分を励ましたり、 または「チョットタイム。お昼寝〜」とゴロンゴロンする時もあり・・・。 でも夜のビールをおいしく飲めるのは、そんな毎日あってこそだよね! と思います。 8月からスタートしたココカラPARKでのオンラインイラスト展、多くの

スキ
26

本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK(前期)〜タイダイバッグ&キーホルダー〜

8月1日からスタートしたココカラPARKでのオンライン個展。 本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」たくさんの方に訪問いただいております。 本日は、夏を感じるタイダイバッグとキーホルダーのお披露目です! ココカラ編集部も今夏はこのタイダイバッグのおかげで、スーパーへの買い出しだってお出かけ気分でウキッウキ♫ 本田葉子作品「タイダイバッグ」3種類のサイズの布エコバッグ、タイダイ染めしてみました。 なつのオシャレバッグとして、この夏ぜひ! 文字とイラストは片方の面だけです

スキ
23

本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK(前期)〜エピソード編〜

熱気高まる8月の猛暑の中、本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」前期スタートから1週間が経ちました。 熱中症も気にすることなく、全国の方に「見にきてくださいね〜!」とお声掛けできるのもオンライン開催の良いところですね。 本日は、前期の作品からピックアップして、本田先生ご自身にイラストにまつわるお話を語っていただきました。 前期開催後、来ていただいた方からのメッセージを本田先生からお聞きしました。ココカラPARK編集部一同オンラインでできるかなと手探りでしたので、ホッといた

スキ
11

本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK(前期)

いよいよ開幕しましたココカラPARK初のオンライン個展。 本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」 前期8月1日〜15日では、15点の作品をご紹介いたします。 ココカラPARKでも人気の本田先生。イラストレーターの本職とかれこれ20年以上続けてこられたブログから日常を彩る工夫がいっぱいの毎日。 どこかユーモラスで、日常が垣間見える本田葉子の世界をご堪能ください。 本田葉子〜前期ごあいさつ〜8月!暑さマックスになりました。今年の夏はひと味ちがったイラスト展。 ひと月開催いた

スキ
65

【オンライン個展開催予告8/1~31】本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」

昨年より緊急事態宣言の発令とともに、たくさんのイベントが延期、中止に追い込まれています。我らココカラPARKでも人気の本田葉子先生も然り。 毎年、下北沢や鎌倉で開催されていた個展を取り止めることになったとのこと。いつも元気を分けてくださっている本田先生のしょんぼりを私たちがなんとかできないか!という思いから今回、ココカラPARKにて、オンライン個展を開催するに至りました。 開催期間:2021年8月1日〜31日 オンラインのよいところは、開催期間を過ぎてもずっと閲覧いただけま

スキ
40

今年のタイダイ

昨年は単色で、絞り染めをした。お湯を使う方法での染物だった。 Tシャツと布地を染めたけれど、ちょいビビりの気持ちもあり、色が薄め薄めになってしまい、絞ったところとの「差」がクッキリ!という柄にはならなかったのだ。ビビりが敗因! それでも、ベビーブルー地に、白の抜きは空っぽいイメージも湧き昨年の夏はよく着たTシャツとなった。 今年はもう一歩進んで、数色を使ってのタイダイにしようと、またまたTシャツやら布のエコバックを買ってきた。 今回使ったのはこのセットだけれど、色々なセ

スキ
31