マガジンのカバー画像

ちょっと知るだけで役立つ健康豆知識

33
やずや社員の健康管理士、管理栄養士がお届けする、身近なところからできる健康に関する豆知識をお届けいたします!
運営しているクリエイター

記事一覧

同い年なのに、老け顔にみえる!!それは、カルシウム不足かもしれません。日々の牛乳だけでは補えないCa不足をしっかり理解しましょう(その1)

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今年最後はカルシウムのお話です。 「カルシウムは〇〇から摂りましょう」は本当なの?というお話です。 カルシウム不足にはカルシウム補給!そんな単純な話ではないのです。 カルシウムは体の骨格の「骨」や「歯」の中に99%含まれ、後の1%は細胞や血液中に存在します。 そして、細胞の中と細胞外のカルシウム比率は1:10000の割合で存在しています。怖いのは、この比率が

スキ
2

カサカサお肌、リップクリーム&ハンドクリームが欠かせない方必見!ビタミンAは大切だから体に蓄積されているというお話です

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 本日は、冬に向けてビタミンAの話です。 普段ビタミンAの欠乏はあまり聞きません。 でも結構重要なので、他のビタミン・ミネラルとの関係も考えながら、不足を中心にお伝えしたいと思います。 なんで不足しにくいのかというと、実は脂溶性のビタミンAは肝臓に200日分も蓄えることができるからなのです。 しかし日本では、ここ20年の間に徐々にビタミンAの摂取量が減ってきて

スキ
9

同じ年齢でも若く見える人の秘密とは?

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 抗酸化物質を上手に取り入れている人は、実は細胞レベルから若いのです。 老化の原因の一つ、酸化対策をしたい方は必見!本日は酸化から細胞を守ってくれるビタミンEのお話です。 紫外線は活性酸素を発生させお肌の細胞を傷つけていきます。 天気のいい日に布団を干すのは、紫外線が布団の水分と反応し発生する活性酸素を利用して布団のダニやカビを殺菌しているのです。 紫外線対策

スキ
12

一人暮らし必見!夏バテ予防とその対策

やずや健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今回は「夏バテ対策」についてです。 夏バテしている人は、いませんか? 「体がだるい」「食欲がない」「よく眠れない」「疲れが取れない」 これらが、いわゆる夏バテの症状です。 病気ではないけど、不調を感じるそんなときは、少しでも早く調子を取り戻したいものです。 そんなときは栄養の出番です。 外食の時にどちらを選んだらいいのか迷う方も、メニュー選びのヒントにしてください。 夏

スキ
8

夏に摂りたいビタミンは組み合わせが大事

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今回は「 夏のビタミン 」についてです。 夏は、日焼けや肌荒れ、髪の毛パサパサが気になります。その上クーラーで夏風邪になりやすい人もいます。 これらの原因は 、「酸化」によるものだと考えられています 。「酸化」も「活性酸素」も聞いたことがあるけどよくわからない方も、今回はしっかり理解して若々しく年を重ねていきましょう。 活性酸素をコントロールしよう酸素は生き

スキ
11

骨から始まる老化!健康な骨作りで若々しさを保とう!

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今回は「健康な骨づくりとオステオカルシンについて」お話しをしたいと思います。運動している人は若々しい理由もお伝えします。 またダイエットを繰り返している人や40代以降の女性はビタミンKを意識していただきたいと思います。60代70代になって骨粗しょう症にならないように、骨を強くしておきましょう。 そういえば、NHKの連ドラ「おかえりモネ」で光太郎先生はモネちゃん

スキ
13

美容だけじゃない。コラーゲン不足がこんなに怖いなんて!

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今回は、「コラーゲン不足」についてです。 コラーゲンというと、美肌のために必要な栄養素ね!と思われる方も多いと思いますが、実は、「コラーゲン不足」美肌だけでなく、体のあちこちに必要な栄養素なのです! コラーゲンが不足すると、美肌の敵、お肌の乾燥、髪がパサパサ、ひざ関節が痛い、爪が割れやすい、と想像された方正解です!しかし、コラーゲンが不足

スキ
11

体調不良はマグネシウム不足が要因かも?

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 健康診断の結果を見て落ち込んでいるあなた、年々数値が悪くなるのはしょうがないと思っていませんか? いえいえ、疑ってください。マグネシウム不足かもしれません。 今回はマグネシウム(Mg)についてお伝えしていきます。 身体の中の酵素の600種類以上の酵素活性に関与しているといわれるマグネシウムは、以前のお話した、鉄分・亜鉛より体の中にたくさんあるために使われる量

スキ
10

タンパク質抜きのダイエットはヤバイ!

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今回は、全身を作りあげるのに欠かせない栄養素「タンパク質」を取り上げてみたいと思います。 冒頭少し、難しいかもしれませんが、なるべく噛み砕いてお伝えしたいと思いますので、ぜひ最後までお読みくださいませ。 お肌と同じターンオーバーは、筋肉でも血液でもホルモンでも起きている! 人間の体の中の「タンパク質」は常に異化(破壊)と同化(合成)を繰り返すアミノ酸の集合体

スキ
15

甘いものがやめられない、いつも眠い人、必見!鉄不足解消のためのステップをご紹介

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 先日、やずやで社員向けの健康セミナーを実施いたしました。 「鉄」についての基本講座となっておりますので、鉄不足の見分け方や鉄の役割について知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。 今回は上記の社内セミナー後の質問も踏まえ、さらに鉄不足解消のためにはどうしたらいいのかをお伝えします。 鉄不足だから単純に鉄をとっても解決しないのが、厄介なところ! 鉄を吸収できる

スキ
13

日本人の約80%が不足している?!今年の冬は外せないビタミンDのお話

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。 ちょっと知るだけで、健康につながる情報をお届けいたします。 今回は、冬に意識していただきたいビタミンDのお話です。 「ビタミンDって日光(紫外線)に当たるとできる。不足すると骨粗鬆症になるマイナーなビタミンですよね。」あまりビタミンDについて聞いたことがなく、「ビタミンDって重要なの?」と思われている方も多いかもしれません。これはビタミンDの研究が2000年代になってから盛んになり、「現代人はビタミンDが不足している」

スキ
12

腸と脳の関係とは?腸がきれいになるとストレスも減るの?

健康管理士一般指導員の國重です。 今回は、「ストレス社会」で日々の仕事や生活のパフォーマンスを上げるために、腸内細菌を整えようというお話です。ストレスを感じると下痢になったり、お腹の調子が悪い日は集中力が無かったり不安が増したり、そんなことたまにありますよね。これは「腸脳相関」といって、最近研究されている新しい分野なのです。過敏性腸症候群(機能性消化管疾患)のように、腸には異常がないにも関わらず強いストレスに腸が過剰に反応することがわかってきているのです。という事で今回は脳と

スキ
9

口内炎で1日が台無しに!仕事も食事も遊びも辛い・・ なりにくい体質になるには?!

健康管理士一般指導員の國重です。 「口内炎」ができやすい体質になっていませんか? やずやの社員にとって、電話でお客様とコミュニケーションをとることはたいせつな仕事です。「口内炎」で「口を開けるだけで痛い」としゃべることも苦痛になりますよね。 そんなつらい「口内炎」にならないためのノウハウと、「口内炎」になった場合の早めに治すために気を付けたいことについて考えていきます。これが「口内炎」の原因の全てではないのですが、今回は栄養やストレスが原因 の「口

スキ
7

「塩」は生命維持に欠かせないもの!自宅のお塩を見直そう。 〜悪者にされがちなお塩、塩の選び方でこんなにいいことが!?〜

やずや社員歴19年。健康管理士一般指導員の國重です。ちょっと知るだけで、健康につながる情報をわかりやすくお届けしていきます。 前回の「血圧のお話し」の後「塩に気を付けた方がいいんですね」よくわかりました!と声をかけていただきました。これはヤバイ!(誤解させてしまったかも)という事で、今回は「塩の摂り方」について考えてみます。 前回の記事で、「塩は摂りすぎたらいけない」と思った方、言葉足らずでした。すみません。 確かに厚労省も塩分の目標量は成人男性 8g未満、成人女性

スキ
13