見出し画像

夏酒で涼を愉しむ

ココカラPark byやずや

にほん酒はじめ 講義7|講師:葉石かおり
夏酒で涼を愉しむ

いよいよ夏酒の季節の到来です。

まあ、お酒好きの方は、やれ夏酒だ、花見だと、一年中、何かしら飲む理由を探しているんですけどね。はい、私も含めて。

さて、夏酒の話に戻りましょう。

夏酒とは読んで字のごとく、夏向けに造られた日本酒のこと。
ここ数年で定着した季節商品で、早いものでは5月中旬くらいから出回るようになりました。酒販店や居酒屋で「夏酒」という文字を見ると、「今年も夏が来たな~」と思うとともに、「そろそろ衣替えしなくっちゃ」とちょっぴり焦ります。

そう、夏酒はお酒好き達に季節の訪れを知らせる“夏の妖精”なのです。

では夏酒は一般的な日本酒とはどう違うのでしょう? 
一番顕著なのは、その味わい。甘さ控えめで、後口がスッキリ爽やか。そして口の中でもたつくことなく、スッとキレ上がるのが特徴です。冷やすとさらに爽快感が増し、暑さでほてったカラダをスーッと冷やしてくれます。

どうですか? まさにジメジメと蒸し暑い日本の夏にぴったりですよね。

これまで夏と言えば、喉越しのいいビールやハイボールばかり飲んでいましたが、夏酒が登場したおかげで、真夏も涼とともに日本酒が楽しめるようになりました。

さまざまな夏酒が各酒蔵から出ていますが、おすすめしたいのが「吟醸原酒 まんさくの花 かち割りまんさく」(日の丸醸造)。「かち割り」とついているところから想像できるように、この夏酒は氷を入れても楽しめるタイプなのです。ラベルもかわいいでしょ? まるで甘味屋さんに下がっている暖簾のようですよね。

アルコール度数は19%と一般的な日本酒よりもやや高め。そのまま飲むのも良しですが、氷を入れると徐々に溶けてきて、いい感じに。後口はさっぱりしていますが、お米の旨味もしっかり感じられて、飲みごたえも満点です。クラッシュした氷にかけたら、大人のかき氷の出来上がり。スプーンで氷と一緒に日本酒を味わうなんて、粋じゃありませんか。

そしてお楽しみはもう一つ。そう、夏酒に合うおつまみです。

半京都暮らしの私がオススメするおつまみは「はも皮ときゅうりの酢の物」。はもの身ももちろんおいしいのですが、通が好むのは何と言っても皮なんです。脂がほど良く乗った皮は、塩もみしたきゅうりと一緒に三杯酢で和えると、水分を吸ってふっくらします。噛むと中からジュッと脂と一緒に旨味が出てきて、その旨味が残っているうちに夏酒をキュッと一杯。

「ああ、日本人で良かったなあ」としみじみ思う瞬間です。

とうもろこしの天ぷらもまた、葉石家・夏の定番おつまみの一つ。皮をむいたとうもろこしを縦半分に切り、手で粒をそぎ落として天ぷらにします。お好みですが、私は天つゆよりも塩派。とうもろこしの甘味がグッと引き立つからです。正直なところ、揚げ物は滅多にやりませんが、とうもろこしが出回るこの季節は別。エアコンの風がほとんど来ない灼熱のキッチンで、汗だくになりながら天ぷらを揚げる“苦行”を密かに楽しんでいます。

夏酒にまだあまりなじみがないという方は、ぜひ日本酒専門店や、日本酒の扱いを主としている酒販店に足を運んでみてください。また検索エンジンで「夏酒」と入れると、ずらっと情報が出てきますよ。

今は各社がこぞって夏酒を出されています。飲み比べしてみるのも一興。あ、でもくれぐれも飲み過ぎには注意してくださいね。夏酒は口当たりがいいので、ついつい飲み過ぎてしまうのが玉に瑕です(笑)。


<酒にまつわるエトセトラ>

今回ご紹介した「まんさくの花」を造られている日の丸醸造は、秋田県の横手盆地に位置し、良質な軟水に恵まれた穀倉地帯にある酒蔵です。
「純米」「小仕込み」で様々な酒米や酵母を使って挑戦され、手間暇がかかる少量多品種のお酒造りをされています。

ラベル制作も、見た目も楽しくしたいという思いから、社員でアイディアを出し合い、お酒のイメージに合ったラベルを作成されているそうです。

秋田の地酒・日本酒 日の丸醸造株式会社

***

ご受講後のお願い

今回の「にほん酒はじめ(連載)」はいかがでしたか?
ぜひ、ご受講の証として、スキ❤️を押してくださいね。
ココカラPark編集部の励みになります!
(*記事の下の方のハートマークを押すだけです。)

講師プロフィール

酒ジャーナリスト、エッセイスト
一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション理事長
葉石 かおり(はいし かおり)

ラジオレポーター、女性週刊誌の記者を経て現職に。
全国の酒蔵を巡り、各メディアにコラム、コメントを寄せる。
2015年、一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーションを設立。
国内外で日本酒の伝道師であるサケ・エキスパートを育成する。
「酒好き医師が教える最高の飲み方」(日経BP社)がベストセラーに。
近著に「日本酒のペアリングがよくわかる本」、「焼酎マニアックBOOK」などがある。
NHK「ごごナマ」、NHK Eテレ「日本酒のいろは」などに出演。
連載に「左党の一分」(日経good day)、「酒な屋」(朝日新聞)、「イケメン蔵元」(わん酒)など。

講師インフォメーション

一般社団法人ジャパン・サケ・アソシエーション

葉石かおりオフィシャルサイト

著書 「名医が教える飲酒の科学 一生健康で飲むための必修講義」

著書 「酒好き医師が教える 最高の飲み方」 日経BP

著書「日本酒のペアリングがよくわかる本」

講座のイラストを制作されているのは藤井昌子さんです。
素敵なイラストをたくさん制作されています。
よろしければ下記をご覧ください。

イラストレーター 藤井 昌子 ホームページ


前の話へ にほん酒はじめ一覧へ次の話へ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ご自宅から気軽に参加できるココカラParkセミナー! 健康・運動・趣味など毎月開催しています♫ *参加費無料*どなたでもご参加いただけます。