マガジンのカバー画像

にほん酒はじめ(連載)

7
「酒好き医師が教える最高の飲み方」の著者である葉石かおり先生が、さらにお酒が楽しめるエトセトラをお伝えしていきます! こちらは2019年6月より公開の全22回の連載を移設公開して… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

夏酒で涼を愉しむ

にほん酒はじめ 講義7|講師:葉石かおり 夏酒で涼を愉しむ いよいよ夏酒の季節の到来です。 まあ、お酒好きの方は、やれ夏酒だ、花見だと、一年中、何かしら飲む理由を探しているんですけどね。はい、私も含めて。 さて、夏酒の話に戻りましょう。 夏酒とは読んで字のごとく、夏向けに造られた日本酒のこと。 ここ数年で定着した季節商品で、早いものでは5月中旬くらいから出回るようになりました。酒販店や居酒屋で「夏酒」という文字を見ると、「今年も夏が来たな~」と思うとともに、「そろそろ

スキ
2

グラスを変えれば、日本酒の味がさらにおいしくなる!

にほん酒はじめ 講義6|講師:葉石かおり グラスを変えれば、日本酒の味がさらにおいしくなる! 「料理は器で決まる」なんて言葉がありますが、いや、これはホントですね。コンビニで買ったお惣菜をプラスチックの容器のまんまあっためて食べると、何だかちょっと物悲しくなります。 プラスティックの容器のまんまだと「味わう」というより、単に空腹を満たすだけって感じがしてしまうんです。言い方がちょっと悪いけど、どんなおいしいものでも、食べた後にむなしさが残ってしまいます。と言いつつ、忙しい時

スキ
6

利き酒は誰にでもできる!コツを伝授

にほん酒はじめ 講義5|講師:葉石かおり 利き酒は誰にでもできる!コツを伝授 ネットや雑誌などで、プロの方が神妙な顔をしておちょこを持って利き酒している写真を見ると、「わ、利き酒ってなんだか難しそう…」と思う方が多いのではないでしょうか?  もちろん、日本酒を鑑定するプロの方のように専門的に利き酒をして、お酒のジャッジをするのはホントに大変です。 私も何度か蔵元や蔵人だけが受講できる利き酒などを含むプロフェッショナルのセミナーに参加したことがあります。 そのお酒に含ま

スキ
3

日本酒ビギナーへ これだけは知って欲しい日本酒の種類

にほん酒はじめ 講義4|講師:葉石かおり 日本酒ビギナーへ これだけは知って欲しい日本酒の種類 純米吟醸、大吟醸、本醸造……、何これ?  いったいどう違うの?  あ~、日本酒っていっぱい種類があってめんどくさいなぁ。 もうおいしければ種類なんてどうでもいいや!→わかんないから、ちょっとやけになってお酒を飲む→酔っぱらう→結局、何がわからなかったことさえも忘れてしまう→はじめに戻る。……と、このような負のわかんないスパイラルに陥っている方が多いのではないでしょうか? はい

スキ
3

独断で厳選! ビギナーにおすすめしたい日本酒3選

にほん酒はじめ 講義3|講師:葉石かおり 独断で厳選! ビギナーにおすすめしたい日本酒3選 多くの方が集まるセミナーやトークショーなどで、一瞬固まってしまうのが「おすすめの日本酒は何ですか?」という質問。 SAKE EXPERT資格取得をセミナーなど、コアで限られた方のみのセミナーであれば難なくお答えできるのですが、酒造組合が主催だったりすると特定の銘柄推しができないので、「どのお酒も魅力的なので選ぶのに困ってしまいますね」と答えになっていない答えをしてお茶を濁しまくってい

スキ
7

水をいっしょに飲んで悪酔いをブロック!

にほん酒はじめ 講義2|講師:葉石かおり 水をいっしょに飲んで悪酔いをブロック! 「日本酒を飲むと悪酔いする」 日本酒セミナーをしていると、こんな声を良く耳にします。 そうした声を上げる中心層が、バブルを経験した50代の皆さん。そう、ちょうど私と同年代の方が多いのです。前回もお話しましたが、私たちバブル世代の中には、罰ゲームに日本酒を無理やり飲まされた方もいて、それがトラウマとなって、日本酒に手を出さなくなっている方が思ったよりも多いのです。 はい、私もそうでした。

スキ
9

日本酒を楽しむのに、うんちくなんていらない!

にほん酒はじめ 講義1|講師:葉石かおり 日本酒を楽しむのに、うんちくなんていらない! はじめまして。 日本酒講座を担当することになりました酒ジャーナリストの葉石かおりです。普段は新聞や書籍、そしてサケ・エキスパート資格取得セミナーなどで、日本酒の基礎知識や日本酒に関わる微生物について語っています。 こう書くと「え、微生物!やっぱり日本酒って難しそう」と思うかもしれませんが、どうぞご安心ください。本講座では「うーん」とうなってしまうような難しい知識はさておき、純粋に「日本

スキ
7