見出し画像

バツイチアラフィフ女性が再婚したい理由

ココカラ夫婦物語 講義19 |講師:高草木 陽光
バツイチアラフィフ女性が再婚したい理由

一昔前までは、“バツイチ”と聞くとネガティブなイメージを抱く人が多かったのですが、現代は そんなことは ほとんどなく「お互い傷つけ合って辛く苦しい結婚生活を送っているのなら、潔く離婚をして夫婦それぞれ違った道を選べばいい」という前向きな価値観を堂々と示す人が増えつつあります。

このようなマインドを持つことは、結婚生活に悩んでいる人や離婚を選択した人が今後の時代を生き抜くためにとても重要なことだと感じている一方、そうなる前にもっと対話を重ねて欲しかったという思いも拭いきれません。

離婚に踏み切る女性の年齢や理由は様々ですが、離婚をして間もない女性の多くは「もう結婚はこりごり」「再婚できないかもしれない」などと口にする人が多いのですが……
しかし、その数年後には気持ちが180度変わっている人や、すでに再婚している人も少なくありません。
40代、50代で“バツイチ”になって、人生最高の“モテ期”が訪れる人もいるのです!

ここ数年離婚件数は横ばいですが、“再婚件数”は増えています。
結婚生活20年〜25年の40代や50代の、いわゆる「アラフィフ」や「アラフォー」と呼ばれる人たちが熟年離婚する例も珍しくなく、皆さん自立しながら自分の道を進んでいます。

ところで、今回のテーマでもある「アラフィフの再婚」ですが、アラフィフって一般的に何歳から何歳までの人を指すのかご存知でしょうか?
『デジタル大辞泉』によると、「around fiftyの略。50歳前後の人。アラサー、アラフォーをもじったもの」だそうです。
年齢は明確にされていませんが、“50歳前後”ということを考えると46歳〜56歳くらいまでの人を「アラフィフ」と位置付けていると思われます。

そんな“アラフィフ女性の再婚”ですが、今回は「再婚したい」と思っている女性を対象に「なぜ再婚したいのか?」を掘り下げて考えていただきました。

バツイチアラフィフ女性が再婚したい理由

彼女たちが結婚に求めることは「シンプル」なことだった

「今までの結婚生活は、元夫と子どもたちのためだけに生きてきたような……私にとって偽物の人生だったような気がします。これからは、“私だけ”を見てくれるパートナーと、毎日を丁寧に生きてみたい」
(52歳・エステ会社経営)

「離婚して10年が経ち、やっと昔の自分を冷静に振り返れるようになりました。頑張ったな〜と自分を褒めてあげたい部分と、ワガママで生意気だったと反省する部分が半々です。あの頃は、自分に余裕がありませんでした。心にも経済的にも余裕ができたいま、もう一度“結婚”というものを経験してみたくなりました。今ならきっと人に優しくなれると思います」
(48歳・看護師)

「もう結婚はコリゴリだと思っていたけれど、子どもたちも成人してそれぞれの人生を歩んでいるのを見ると、いつも側にいてくれるパートナーが欲しいと思うようになりました」(50歳・会社員)

「私は、まだ子どもが小さいので、いつか子どものパパになってくれる人と出会えたらいいなと思っていました。でも、その考え方ってダメだなと思うようになって……“子どものため”ではなくて“自分のため”に生きることで、結果的に子どものためにもなるんじゃないかって考えを改めました。そしたら、精神的に支え合えるパートナーが欲しいと思うようになったのです」(47歳・教師)

「穏やかに」「自分らしく」

彼女らは、口々に「まさか自分が再婚をする(したい)と考えるなんて思ってもみなかった」と言っていたのが印象的でした。
離婚してから数年経って、冷静に今後の人生を考え始めたときに、“人生100年時代”といわれる今の時代、あまりにも自分に残された時間が長すぎることに初めて気がつくのかもしれません。

そして、「子どものため、夫のために使ってきた」と言っても過言ではない今までの人生を振り返り「残された人生を自分のためだけに使ってみたい」と思うだけでなく、実際に40代、50代の女性が抵抗なく離婚できる時代になってきています。
そんな離婚後の女性たちが、自分の時間や友達との有意義な時間を過ごしていくうちに「穏やかに過ごせるパートナー」や「自分らしくいられるパートナー」を求めることは至って自然なことなのではないかと思うのです。

まとめ

今回お話を伺った彼女らに共通していることは、再婚相手に「何かしてもらおう」とか「経済的に助けてほしい」とか、これっぽっちも望んでいないということ。
ただ、困ったときには互い支え合い、楽しいときには笑い合う、そんなシンプルなことが叶えば満足なのだそうです。

あなたが再婚(結婚)に求めることは、どんなことですか?

***

ご受講後のお願い

今回の「ココカラ夫婦物語(連載)」はいかがでしたか?
ぜひ、ご受講の証として、スキ❤️を押してくださいね。
ココカラPark編集部の励みになります!
(*記事の下の方のハートマークを押すだけです。)

講師プロフィール

高草木 陽光(たかくさぎ・はるみ)

夫婦問題カウンセラーとなり、これまで、およそ1万人のカウンセリングを行う。「直そうとしないで、わかろうとするカウンセリング」をモットーに、夫婦問題で悩みを抱えている人の心に寄り添いながら、解決への糸口に向けてお手伝いをしている。
美容師、育毛カウンセラーを経て、結婚を機に専業主婦となったが、夫の束縛や価値観の押し付けに違和感を覚え、「結婚生活とは何か」ということを深く考え始める。「離婚カウンセラー」という職業があることを知り、自分たち夫婦だけでなく、夫婦関係で悩んでいる人たちのために必ず役に立つと確信し、2009年に「NPO法人日本家族問題相談連盟」の認定資格を取得。【メディア実績】
・NHK総合「ニュース シブ5時」「あさイチ」
・フジテレビ「ホンマでっか!?TV」「ノンストップ!」「バイキング」
・TBS「ビビット」「グッとラック!」
・テレビ朝日「羽鳥慎一 モーニュングショー」他。
【著書】
・なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか(左右社)
・心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK(左右社)

講師インフォメーション

HaRuカウンセリングオフィス ホームページ

▼著書《なぜ夫は何もしないのか なぜ妻は理由もなく怒るのか》

▼著書《心が折れそうな夫のためのモラハラ妻解決BOOK》

▼イラストレーター 多田 景子 ホームページ


前の話へ / 夫婦物語トップへ/ 次の話へ


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ご自宅から気軽に参加できるココカラParkセミナー! 健康・運動・趣味など毎月開催しています♫ *参加費無料*どなたでもご参加いただけます。