ココカラPark byやずや
残暑の身体作り!六月の薬膳レシピ「豚肉と揚げナスの黒酢漬け」
見出し画像

残暑の身体作り!六月の薬膳レシピ「豚肉と揚げナスの黒酢漬け」

ココカラPark byやずや

今日からはじめる薬膳料理(第8回)
ココカラ大学講師:パン・ウェイ

残暑の身体作り!六月の薬膳レシピ「豚肉と揚げナスの黒酢漬け」

こちらの記事は2週間無料でお読みいただけます。

今回は、残暑を迎えるための体作りにオススメの、薬膳料理をご紹介します。

暑い夏では体が高温になり体力を使います。脳も体の一部ですから脳の働きも鈍ってきます。

ポイントの食材は、夏の暑い体に溜まった熱を冷やすなすと、乾燥した体を潤す効果のある豚肉です。代謝作用のあるニンニクと冷えたおなかを温める花椒も加えれば、厳しい暑さに備えたカラダ作りができます。

ぜひ動画と一緒にご覧いただき、作ってみてくださいね。

レシピと作り方はこちら。
▼こちらをクリック

『豚肉と揚げナスの黒酢漬け』
<材料(2人分)>

豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 2枚(30g)
(下味:紹興酒 小さじ1/2、片栗粉 少々)
茄子(ヘタを取る)     2本(160g)
揚げ油           適量
ニンニク(粗微塵切り)   2かけ分
花椒粒           小さじ1/2
豆板醤           小さじ1/2
合わせ調味料:鶏スープの素 小さじ1/2
水、黒砂糖         各大さじ1・1/2
醤油            大さじ1
黒酢            大さじ2/3
白胡麻油          小さじ1+小さじ1
白髪葱、香菜、菊の花    各適量

<作り方>

1.豚肉に紹興酒をよく馴染ませ、ブラシで片栗粉を軽く付ける。小さじ1の白胡麻油をひいた鍋で両面しっかり焼いて取り出す。

2.茄子の表面に幅2mmで切り目を数カ所に入れる。200℃の揚げ油で約4分間しっかり揚げる。取り出して余分な油をペーパーで拭き取り、食べやすいサイズに切る。

3.小さじ1の白胡麻油を鍋にひき、ニンニクと花椒粒を約2分間弱火で炒める。香りがしっかり出たら豆板醤を加えて少々炒めてから、合わせ調味料を加えて、ひと煮立ちさせる。火を止めて黒酢を加える。

4.ボウル2と3を入れて10~15分間漬ける。上下を返して、さらに10~15分間漬ける。1の豚肉を約1分間漬ける。

5.お皿の豚肉をおき、4の茄子をのせる。白髪葱と香菜、菊の花を飾る。

***

ご受講後のお願い

「今日からはじめる薬膳料理」はいかがでしたか?
ぜひ、ご受講の証として、スキ❤️を押してくださいね。
ココカラPark編集部の励みになります!
(*記事の下の方のハートマークを押すだけです。)

講師プロフィール

薬膳料理研究家
パン・ウェイ

講師インフォメーション

公式ホームページ


▼著書 『げんきときれいをつくる五味五』(日経ビジネス人文庫)

パン・ウェイ先生の教えをマガジンまとめております

「今日からはじめる薬膳料理」の講義内容は、毎月1回季節に合わせて公開しております(公開から2週間は無料で掲載しております)。
全部で14回の講義を公開予定です。
反復してみたい方は、各講義を購入されるよりも、こちらのマガジンを購入される方がかなりお得になっております♫



前回の講義マガジンTOP


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ご自宅から気軽に参加できるココカラParkセミナー! 健康・運動・趣味など毎月開催しています♫ *参加費無料*どなたでもご参加いただけます。

飲み過ぎてスキって押してくれたとしても、すっごくうれしいです!
ココカラPark byやずや
おとなもあそぶ、つながる、ココカラPark。 「ココロ」も「カラダ」も健やかに楽しい人生のお手伝いを目指す(株)やずやが運営しています。 日常の幸せをわかちあったり、教えあったりできる場。 いくつになっても自分らしい毎日を過ごせるきっかけになれば幸いです。