マガジンのカバー画像

ぶらっと寺町

2
「ぶらっと寺町」では、街の中にあるお寺を特集します。 *ココカラ大学にて2018年8月〜掲載していた内容を移設掲載しております。 いつも見慣れた街の風景もちょっと視点を変えて歩… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

妙祐山幸龍寺

ぶらっと寺町 講義2 講師:カツさん 妙祐山幸龍寺 加藤清正の清正公堂とさざれ石がここに!今回は、タイトルの加藤清正公堂と国家に謳われているさざれ石のある幸龍寺をご紹介します。  では、まず場所ですが「烏山寺町」のバス停「寺院通り3番」を降りて左側に幸龍寺の山門が見えます。 このお寺は寺町の中で2番目の広さと言われています。 それでは、お寺の由緒から始めましょう。 天正7年(1579年)徳川家康公がいまだ浜松城主の時、同年4月徳川2代将軍秀忠公が誕生しました。 乳

烏山寺町ー常栄寺ー

ぶらっと寺町 講義1 |講師:カツさん 烏山寺町ー常栄寺ー 烏山在住の私(カツさんと呼ばれています)が紹介する寺町企画、第1弾です 寺町と言われる由来は?「東京の小京都」として知られる世田谷区烏山寺町。最寄り駅は京王線の「千歳烏山」。 新宿駅から各駅で19分。その千歳烏山駅から歩いて、2時間程で周れるエリアに、宗派も様々な26ものお寺が集約。お寺がこれだけ集められたことから、「寺町」と言われるようになりました。 何故この土地にこれだけのお寺が!?それは、明治21年東京市