見出し画像

【参加者募集】本田先生と一緒に手芸タイム

本田先生とまたイベントもやりたいですね!と年始から話していたのですが、なかなか集まるのも大変な時期だし・・・と開催できずじまいでした。

しかし、先日の先生の時計作りの記事を読んでヒラメキました!!
画面越しだけど、おうちでそれぞれ手芸をやりながらおしゃべりしても楽しい時間が過ごせるんじゃないかなと。

そこで「本田先生と一緒に手芸タイム」と題しイベントを開催することにいたしました♫

・本田先生と話したい方
・一人黙々手芸からみんなでワイワイ手芸をしてみたい方
・手作り苦手だけど、何か作りたい方

今回のイベントは、日常の中の90分を、おしゃべりしながら好きなことを楽しむ。「おうち時間をみんなで楽しむ時間」にできればと思っております!
みんなで一緒に楽しい時間を共有しませんか?

▼イベント内容

それぞれ好きなものを手作りしながら、おしゃべりを楽しみましょう。
本田先生とココカラPARK編集部のいまむらは「貼り箱時計」を作ります!
(貼り箱時計って?という方はこちらの記事をご覧ください)

ご参加者さまは、ご自身が作りたいものを作ってOKです。
刺繍でも、アクセサリー作りでもご自由にしてください。
「貼り箱時計」を作ってみたい方は、材料をご用意くださいませ。

材料・作り方の説明と本田先生からのメッセージがあります。
最後までご覧くださいませ。

▼開催日時&タイムスケジュール

2021年4月22日(木)14時〜15時30分

今回、二部構成で行う予定です。
一部(1時間)手作り&おしゃべりタイム
二部(30分) 発表会
       完成させたものをお披露目ください!途中でもOKです!

▼ご参加方法*参加費無料*

Zoomでの開催となります。
パソコン・タブレット・スマートフォンでご参加ください。
ネット環境等は各自ご確認ください。
開催URLをメールにてご連絡をいたします。
*参加費は無料です。
*ご都合が合わない方はごめんなさい(見逃し配信等はございません)。

▼お申し込み方法

必要事項をご記入の上、下記よりお申込みくださいませ。

スクリーンショット 2021-03-29 13.45.14

▼お申込み期限

2021年4月10日(土)までにお申込みください。

▼お問合わせについて

ご不明点などございましたら下記よりご連絡くださいませ。
お問合わせフォーム→ここをクリック

<本田先生からのメッセージ>

「貼り箱を置き時計に」いっしょにつくろう!
どうしても必要なものは、「手作り時計キット」です。
私はセリアで買いました。ムーブメント(時計の心臓部ね)や針など細かいパーツがセットされています。いっけんむずかしそうに見えますが、挫けることはいっさいありません!
パーツを順番通りに差し込んでいくだけです。
なので、絵葉書とか、雑誌に埋め込めば、時計はすぐにできるわけ♪

今回は、木の箱に細かく切った紙を糊付けし貼り箱をつくり、それを置き時計に見立てて、パーツを装着していきましょう!
「手作り時計キット」を手に入れたら、説明書を読んでください!「あ〜〜そうなんだ〜」と仕組みがわかって、ムーブメントの軸が2センチあるため、それを通して固定させるための厚みのある文字盤が必要なのがわかります。

そーなんです!一番のポイントはここなんです!!
「8ミリから13ミリの厚さの文字盤に直径9ミリの穴を開ける」って・・・・。とここで、だいたい挫折するんですよねー。だってそんなドリルのような道具、持ってないし〜と。
でもでも、だったら、穴を開けられる素材を探して作ればいい!!

木のボックスは、ダイソーで購入しました。バルサのような軽い木箱で文字盤にしたい面は3ミリほどの厚さだったので、10ミリのスチレンボードを文字盤に足すように噛ませました。

とにかく厚さを10ミリ前後確保!すれば、どんなものでも時計になるってことがわかりました。
貼り箱づくり、それはそれで楽しいので、貼り箱として使ってもいいものです。

一緒につくりましょ!



▼貼り箱時計の材料

・箱
・時計針
・貼る紙や布(包装紙や雑誌などなんでもOK)
・のり(デンプンのりがおすすめです)
・きり(穴を開けられるものなら他のものでもOK)

画像1

▼作り方

作り方


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

最後までお読みいただきありがとうございます。 ココカラPARK最新イベントのお知らせです。 オンライン個展8月開催予定です!

スキしてくれて、今日もいい日になりそうです^^!
おとなもあそぶ、つながる、ココカラPARK。 「ココロ」も「カラダ」も健やかに楽しい人生のお手伝いを目指す(株)やずやが運営しています。 日常の幸せをわかちあったり、教えあったりできる場。 いくつになっても自分らしい毎日を過ごせるきっかけになれば幸いです。