【レポート】今年9月末、近況アンケートを実施しました。2年目の今、前向きな回答が多数!58.5%の方が旅行を楽しみに。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【レポート】今年9月末、近況アンケートを実施しました。2年目の今、前向きな回答が多数!58.5%の方が旅行を楽しみに。

マスク生活も2年弱が経とうとしています。
「ちょっとご飯でも!」と誘うのもためらってしまう日々が続いていましたが、少しずつ緩和されてきた今、この1~2年の生活を振り返ってどうだったのか。ごはんを食べながら、ちょっと立ち話をしながら、得られていた近況をアンケートという形で、この度収集させていただきました。

347名の回答が集まっております。
共感できること、または異なる意見もあるかと思います。
また他の方のご様子を知ることで、日常に役立つこともあるかもしれません。
まだまだ油断禁物、自主規制が大切な時期ですが、少しでもレポートがお役に立てると幸いです。

回答者について

男性34.9%、女性64.8%、未回答0.3%
20〜80代が回答。60代が31.4%と最も多く、次いで50代28%、70代24.8%
ワクチンの接種状況は、2回接種済み、1回のみ、予約中を含めると91.1%が接種すると回答。

スクリーンショット 2021-10-25 13.53.47

スクリーンショット 2021-10-25 13.54.00

スクリーンショット 2021-10-25 13.54.55

Q1.コロナ禍になりご自身の健康を保つために始められたことを選択してください。(複数回答可)

運動面では、自宅でできる運動を始めた方が多く、ジョギング・散歩などによって、自粛中の運動不足を解消していた傾向がみられる。 食事バランス、サプリの摂取もみられた。特に始めたことがない方は、全体の19.3%。

スクリーンショット 2021-10-25 14.09.35

Q2.コロナ禍での娯楽として始められたことは?(複数回答可)

無料動画視聴が一番多く、有料動画視聴も入れると最も身近な娯楽だったといえる。また園芸や畑などの土いじりを始めた方も多い。ラジオを聴くという音声での楽しみも増えている。

スクリーンショット 2021-10-25 14.10.45

Q3.コロナ禍で変化した生活習慣はありますか?(複数回答可)

一番多かったのはキャッシュレス支払い半数近い45.5%が選択。
特に変化なかった方も24.7%と多い。

スクリーンショット 2021-10-25 14.30.05

Q4.普段なら買わないが、コロナ禍になって買ってしまったものはありますか?(自由回答)

特にコロナ禍で購入したものは無いと答えた方は、全体の99人(28.5%) しかし、マスクやアルコール除菌グッズと答えた方は、107人(30.8%)オキシヘルパー(6人)や空気清浄機 (12名)といったまさにコロナ禍対策での購入品も目立った。
嗜好品的購入として多かったのは、
 ・ちょっと高いけど美味しそうなお取り寄せ
 ・こだわりの調理用品
・ビール(普段は発泡酒)
・晩酌セット など
おうちごはんを豊かにするための食材、スイーツなどのお取り寄せが目立った。他にもカセットコンロや圧力鍋など調理器具もあった。

おうち時間を快適に過ごすための購入としては
・パソコン付属品、ゲーム、ファイアースティック、パソコン買い替え、タブレット
・DIY、園芸用品、ミシン、トランポリン、マンガ全巻
・掃除家電、掃除用具、便利グッズなど、身の周りをきれいにするための道具

健康のための購入としては
 ・運動器具
・サプリメント

その他としては
・洋服
・ネックレス

ついつい購入が増えた方と、堅実な購入を維持された方と二分した回答結果だった。

Q5.コロナ禍で経済や働き方、また自己防衛手段など個人個人が考えて過ご す日々が増えてきました。 コロナ禍を過ごすことで、ご自身の考えや行動など、何か変わったことがあれば自由にご記入ください。(自由回答)

昨年6月末の調査での結果よりも、今回の自由回答結果を見てみると、コロナとの共存に慣れてきている様子や自粛を前向きに捉える考え方、行動も目立った。

<多数派のご意見>
・自分だけでなく、子供や親のこと、周りに迷惑をかけないために、極力自粛、予防をしなければと思うようになった。
・外食が減り、家での食事でバランスなどを考えて作るようになった。
・買い物に行く頻度を減らした。
・余計なものを買わない、断捨離ができた。
・オンラインに関心がなかったが、気軽さもありオンラインでのセミナーなど楽しむようになった。
・慣例や日常を見直すことができた。
・当たり前の生活ができることへの感謝

<回答内容を一部ご紹介>

徳島県 60代女性
当たり前の生活の大切さ、家族の大切さを痛感しました。家でいる時間が⻑くなったので居心地のいい空間づくりを考えながら、無駄なものに囲まれていた生活を一変して必要な物だけを厳選して購入するようになりました。
神奈川県 60代女性
オンラインを活用することに、これまで以上に興味を持つようになりました。 専業主婦なので、使えないといけないという必要性はないのですが、友人との会話や趣味の時間に、Zoomを使って楽しめることができるのは、とても世界が広がることと実感しました。 元々お家にいることが好きなので、なおさらありがたいです。
東京都 60代男性
現地に行かないで済むものは、オンラインやオンデマンドを利用するようになった。 電車に乗るときは座らずに、人の少ない場所に立つようになった。 店の出入りでは必ず手指消毒をしている。外出時はマスクとゴーグルを必ずする。
60代女性
在宅時間が増えた。マスクや消毒、飲食店の仕切り板をはじめ、レジにも。衛生的になり、良かったと思う。また、映画館では一つ置きの座席販売、劇場では人数制限等、ゆったり観劇や鑑賞が出来た為、メリットが多い
広島県 50代男性
自助が基本。必要以上に共助・公助に期待はできないし、してはならない。
東京都 70代女性
徒歩10分程に都立の公園があり、ずっと以前から犬の散歩などで出かけていましたが、コロナ禍で、広い敷地内で長閑にくつろぐ家族や散歩の人々の会話などが、以前よりずっと心地よく、幸せに有難く感じられて、ウオーキングの足も軽やかになりました。普通の日常の有難さをしみじみ感じられるようになりました。
埼玉県 50代女性
今までの暮らしに感謝しました。
ネットで繋がりながら人と繋がる意味を考えました。
人と会える事のありがたさに改めて気づきました。
子ども達や若い方々の姿にハッとしました。
その時や年齢でしか経験できないものを奪われ、沢山の我慢を強いられても 柔軟に対応している姿に感動しました。
「以前は? だったのに」と、振り返ったり下を向きがちな私とは違って、赤ちゃんをはじめ若い方々の、前に進んで育っていく姿を目にするたびに力を貰い、力になりたいと思いました。

Q6.コロナ収束後にやりたいことはどんなことですか?(自由回答)

自由回答結果より、一番多かったワードは「旅行」347名中203名(58.5%) それ以外のワードでも「帰省」「ドライブ」なども含むと、早く遠出をしたいという願望が強いことがうかがえる。また旅行と書いた方の中で、「海外旅行」「温泉旅行」というワードが目立った。
ついで多かったのが、親や親戚、友人との会食が多く、直接会って話したいという願いも目立った。
カラオケは8名、ゴルフ、ジム、ライブにいきたいなど。趣味を楽しむことなども。

<回答内容を一部ご紹介>

埼玉県 60代女性
1に旅行、2に旅行、3に旅行です笑笑
もう2年近く大好きな旅行に行っていません。 収束したら真っ先にに沖縄に行きたいです。
愛知県 80代女性
70年前の、仲良し旧友に会いたいです。高齢になって集まれるかどうか、案じています。 電車に乗れるかどうか?30分ほどの名古屋へ出て、都会の空気に触れて、友と食事がしたいです。 昔・昔・住んでいた場所(東京 ⻑野 静岡)へ行きたいです。
東京都 50代男性
夜に、外で一杯飲みたい。温泉に入りたい。気兼ねなく、友人と会いたい。
神奈川県 60代女性
友達と会うこと、旅行に行くこと、習い事のレパートリーを増やすことです。
沖縄県 70代女性
旅行、茶話会、美味しいご飯をゆっくり頂きたい。マスクを外しても安心な暮らし。
大阪府 40代女性
旅行。体もどんどん老化が進んでいくし、行ける時にいっておかないと!と思うようになった。旅行にいったら、地元の人と触れ合えるような体験をしたい。
静岡県 60代男性
カラオケでバカ騒ぎ^^;
大阪府 60代男性
かみさんと温泉旅行、故郷の友との懇親、OB会の開催など。
福井県 70代男性
海外マラソン大会に参加

最後までお読みいただきありがとうございます! 自宅から気軽に参加してみませんか?見逃配信もございます。  【参加費無料】「ココカラPARKオンラインセミナー」受付中♫

ココカラPARK♫一緒に盛り上げてくださいね!
おとなもあそぶ、つながる、ココカラPARK。 「ココロ」も「カラダ」も健やかに楽しい人生のお手伝いを目指す(株)やずやが運営しています。 日常の幸せをわかちあったり、教えあったりできる場。 いくつになっても自分らしい毎日を過ごせるきっかけになれば幸いです。