見出し画像

【中級編】DIYで収納棚講座(全4回)|ココカラ大学講師:玉井 香織

ココカラPark byやずや

【中級編】DIY講座では、「冷蔵庫と壁の間の隙間など、デッドスペースを有効活用したい」というご要望に応えて、キャスター付きで移動もできる便利な収納棚を作ります。

デッドスペースに合った既製品を見つけるのは、なかなか難しいものですが、DIYならサイズがぴったりの棚を作ることができます。
ニスやペンキを塗って、自分好みのインテリアにカスタマイズしましょう!

本講座では、DIYアドバイザーの玉井 香織(たまい・かおり)講師が、デッドスペースを活用した収納棚の作り方を全4回でご紹介します。

【講義1】中級編のDIYとは
 ▼こちらをクリック

【講義1】では、中級編のDIYについてお伝えします。電動工具を使い、デッドスペースに合うサイズで作ってみましょう。

【講義2】収納棚のサイズを決める
 ▼こちらをクリック

【講義2】では、収納棚のサイズを決めましょう。自分で設計図を作成し、収納棚の外側の完成図内側の構造図を書き込みます。

【講義3】外枠を組み立てる
 ▼こちらをクリック

【講義3】では、収納棚の外枠を組み立てます。材料と工具を準備して、実際に作ります。釘の刺し方などのポイントをお伝えしますよ。

【講義4】引き出しを組み立てる
 ▼こちらをクリック

いよいよ最終講義です。【講義4】では、収納棚の引き出しを作ります。引き出しの後ろにも取っ手を付けることで、前からも後ろからも取り出しやすくなります。 完成したら、ニスやペンキを塗って自分好みの収納棚にしてみてください。


前回の「【初級編】DIYで整理整頓!キッチンの簡単収納講座(全4回)」では、のこぎりで切る、ネジを締める、接着剤で固定するといった基本的な作業でできる、フライパンや小物の収納棚の作り方をご紹介しました。

本講座の【中級編】でご紹介したキャスター付き収納棚も、キッチンで野菜ストッカーとして使用したり、バスルームで日用品のストック棚として利用するなど、ちょっとしたアイデアでデッドスペースを有効活用できます。

リビングに置いて、引き出しにはお茶のセットやランチョンマットなどを収納して、見える部分には雑誌や観葉植物などを飾った「魅せる収納棚」としてレイアウトするのもおすすめです。

DIYで世界にひとつだけの棚作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

***

ご受講後のお願い

「【中級編】DIYで収納棚講座」はいかがでしたか?
ぜひ、ご受講の証として、スキ❤️を押してくださいね。
ココカラPark編集部の励みになります!
(*記事の下の方のハートマークを押すだけです。)

スキ画像

講師プロフィール

DIYアドバイザー
玉井 香織(たまい・かおり)

画像1

桑沢デザイン研究所でプロダクトデザインを学ぶ。
退職後、2年間のアメリカ生活をきっかけにDIYに目覚め、帰国後は職業訓練校のDIYアドバイザー科で学ぶ。
その後、NHK教育テレビ「住まい自分流」でDIYアシスタントを務めながら、収納アドバイザーの資格を取得。
平成22年には、建具屋だった古い家屋を改修して『ハレルヤ工房』を構える。各種手作り教室を開催するほか、空き家物件/古民家再生での室内コーディネート・ロゴデザインなども手掛ける。
“思いをかたちに“をモットーに、小物作りやリメイク、空間作りを提案している。

講師インフォメーション

著書『かんたんDIYで、おしゃれ収納』(実業之日本社)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

ご自宅から気軽に参加できるココカラParkセミナー! 健康・運動・趣味など毎月開催しています♫ *参加費無料*どなたでもご参加いただけます。