【まもなく終幕】本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK
見出し画像

【まもなく終幕】本田葉子イラスト展「ウクレレとバスケット」inココカラPARK

語り:本田葉子〜まもなく終幕です〜

ココカラPARKでのオンラインイラスト展、あと数日で終わり〜。
最終日が近づいてきました。
たくさんの方に見ていただけて本当にうれしいことでした。
この夏もパッとしないな〜とグズグズっと籠っていたけれど、なんのなんの、籠もればこそのお楽しみがありました。

毎朝、メールを開くのがとても楽しみだった。
前期ではイラストの販売と共に好きで作っていた「BIGキーホルダー」とタイダイ染めの「布エコバッグ」の販売もさせていただきました。
これまたたくさんの方のところに次々に飛んで行きました〜。
(注文したのにまだ届いてないという方・・・もしいらしたら、すぐに連絡くださいませ!!)
こんな風な交流の仕方もあるんだな〜と、オンラインの力を実感した、アナログな私でした。
20日にはインスタライブという、初めての経験もしました。やずやさんの若い編集さんに任せっきりのライブ。私はただ編集さんの進行に乗っていればいいだけ〜♪
楽しかったね!でも緊張もハンパないもの。

8月が終わると、夏も終わってしまうような、残念な気持ちになります。
でもそれは毎年のこと。今年が特別なわけじゃないしね、爽やかな風と、おいしいものがゴロゴロと待っている秋。涼しいと体もホッとするし畑仕事も楽になります。

残り少ない夏、少しでもやり残しのないように・・・と、今晩はビールとともに、花火をしよう!と思っています。

ちょっと早めのフライングごあいさつになりますが、30日間みてくださった皆さま、本当にありがとうございました。うれしいメールも、おもしろいメールもありがとう!(今、心の中で、陽水の♪ありがとう♪の歌を歌っていま〜〜す)♬つながってくれて毎度ありがとう♪

そして、オンラインイラスト展を企画し、ずっと伴走してくださった今村有里さんに心から御礼申し上げます。
いつかきっと、ゼッタイ必ず、打ち上げして二人でビールで乾杯しましょうね。それがホントのイラスト展最終日です。

後期イラスト制作にあたって

No.19 アフリカの布
アフリカ系の布は大好きで、身につけたり、ソファーのカバーや風呂敷に・・・と夏の間はよく使う布になります。
No.19は、オール直線縫いでできているワンピースのイラスト。茅ヶ崎の洋服や雑貨の小さなお店で買いました。オーナーの奥様が(友だちだったかな)が縫われているそう。いろんな柄に目移りしつつ、選びきれずにオーナーに選んでいただきました。「どれが似合いますか?」と。

画像1


No.21のタイトルが「今日はショールで」というのは昨日まで、枕カバーにしていたカンガの布だったから♪

画像2


No.25の「好きなものしか入れない」のイラストのバスケットはすべて吉祥寺のカゴやさんmenuiのものです。
五つの中で私が持ってるのは、左上のバケツ型のみ。イラストにちょいちょい出てくるあれです。
バスケットの素材って、本当にたくさんあるんですね〜!!実際にお店でみたり、お話を聞くとへ〜〜〜!!
とビックリ目玉になります。アフリカの、中国の、フィリピンの・・・いろんな国で作られているかご。

画像3


No.23のカゴの出身は日本。柿の木の皮で編まれています。

画像4

No.28「ukulelele」は落書きの集合です。鉛筆書きの細かいイラストを適当に配置したもの。
気に入って、これを布にプリントしました。ネットで見つけたお店で、絵や写真を送ると布に印刷してくれるというの。簡単にオリジナルの布ができる!ってすごい!
やってみたくて、試しに1メートルだけオーダーしました。きれいにプリントされてた!!
オリジナル布で何か作ろうと思っていたのですが具体的な形が思い浮かばずに、途中で挫折。
うちのミシンの皮ベルトが劣化してしまい、動かないってこともあり。
もう少し練って、縫うのが上手な人にお願いして、ワンピースとかギャザースカートに仕立ててみたいです。
ハンカチ?スカーフ?そんな小物もいいかも。夢広げているところです。

画像5

No.29「夕焼け」は、買い物帰りに海岸に。
ずいぶんと足腰が弱ってしまった愛犬スーは、あんなに好きだった散歩を拒否するようになってしまいました。
拒否というか歩行が辛いのだと思います。お尻や腿の筋肉がみるみる消えていきました。「ああ、歩かないと筋肉ってなくなるんだな〜」と日々実感。
スーは、おしっこ(大も)を家でしないタイプの犬なので、おしっこするためにだけ、ほんの5〜10分程度外に出てウロウロします。
スーといっしょに海まで散歩はもうできない。スーといっしょでないと海岸散歩の楽しさは半減します。
夕焼けの中で、どっぷりと夕暮れてみました。

画像6

リクエストにお応えします!「愛犬スー」

先日開催したインスタライブ、愛犬スーさんがお休み中で出演できず。
おうちの中でおやつの時の元気なスーさんです♫


その他の作品&販売について

▼前期イラスト

▼前期ポストカード

▼タイダイバッグとキーホルダー

▼後期イラスト

▼後期ポストカード


開催中の販売について

オンライン個展開催期間中、作品の販売を行っております。
販売期間は8月31日までとなります。
*期間を過ぎてご購入希望の方は、本田先生にお問合せください。

▼お申込み方法

直接、本田葉子先生宛にご連絡ください。
宛先:hohoho@tn.pupu.jp
連絡内容:ご希望の作品番号、お名前
*お手数ですが、上記メールアドレスをコピー&ペーストしてご注文メールをお願いします。
*支払方法などの詳細はご返信メールにてご連絡いたします。
*ココカラPARKでは、販売に関しての受付を行なっておりません。
何卒ご了承ください。

本田葉子プロフィール

本田先生

1955年、長野市生まれ。イラストレーター。
25歳で結婚を機に東京に住むようになる。
夫を見送った後、「一度でいいから海のそばに住んでみたい!」との長年の夢を叶えるべく、4年前小田原に住居を移す。
茅ヶ崎に住む娘夫婦のところにしばしば遊びに行く日々。
孫らがこんなに可愛いものだとは!と実感する。
今年の春に義母さんを見送ったあとは、老犬と息子とのノンビリ住まいに。
健康維持は畑仕事(家庭菜園)と朝晩の犬の散歩。

東京新聞・中日新聞に「おしゃれのレシピ」
新婦人しんぶん「いつまでもおしゃれ」(イラストエッセイ)を連載中。
ネットではやずやさんのココカラPARK「本田葉子の今がいちばん!1955GO!」、吉祥寺のかご屋さんmenuiのブログに「カゴスッキャノフのつぶやき」を連載。
近著に「おしゃれと暮らしのレシピ」「ぬり絵でdeおしゃれ あなたのBookクローゼット」東京新聞刊がある。

ココカラPARK編集部より

本田先生のリアル個展を見合わせるというお話からオンライン個展をやりましょう!とお声掛けし、準備・開催・イベントとあっという間のひと時でした。先生と同世代の方、若い方にも、先輩方にも、「本田先生の日常を彩るセンス」を伝える機会になればと開催させていただきました。
「オンラインだから、おうちからも楽しめた」「インスタライブなんて初めてだけどおしゃべり参加しているようで嬉しかった」というお声をいただき大変励みになりました。伴走としてまだまだな担当でしたが、初トライも快く引き受けてくれ、身軽に楽しんでいただいた本田先生のおかげで無事に終わろうとしております。本当にありがとうございました。
また、開期中、ココカラPARKに遊びに来てくださった皆さま誠にありがとうございました。これからも楽しんでいただける場にしていきたいと思っております。また立ち寄ってくださいね!


最後までお読みいただきありがとうございます! <ココカラPARKイベント最新情報>  10月開催オンラインセミナー(無料)参加者募集中です♫

ありがとうございます!フォローもぜひお願いします♫
おとなもあそぶ、つながる、ココカラPARK。 「ココロ」も「カラダ」も健やかに楽しい人生のお手伝いを目指す(株)やずやが運営しています。 日常の幸せをわかちあったり、教えあったりできる場。 いくつになっても自分らしい毎日を過ごせるきっかけになれば幸いです。